自転車会員サイクルメンバーズおよび
みんなの自転車保険のご案内

みんなの自転車保険の特徴

自転車の加害事故例

  • 9,521万円

    男子小学生(11歳)が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性(62歳)と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。
    ( 神戸地方裁判所、平成25(2013)年7月4日判決

  • 9,266万円

    男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。
    (東京地方裁判所、平成20(2008)年6月5日判決)

  • 6,779万円

    男性が夕方、ペットボトルを片手に下り坂をスピードを落とさず走行し交差点に進入、横断歩道を横断中の女性(38歳)と衝突。女性は脳挫傷等で3日後に死亡した。
    (東京地方裁判所、平成15(2003)年9月30日判決)
    ・ 裁判における判決文で加害者が支払いを命じられた金額です。(日本損害保険協会HPより)

自転車条例について

条例マップ
  • ■義務化地域

    宮城県、山形県、群馬県、埼玉県、千葉市、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県、名古屋市、金沢市、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山市、愛媛県、福岡県、大分県、宮崎県、鹿児島県

  • ■努力義務地域

    北海道、茨城県、千葉県、富山県、和歌山県、鳥取県、徳島県、香川県、高知県、熊本県

2021年4月現在

ページの先頭へ

© 2020 一般社団法人 自転車安全対策協議会

承認番号SJ20-12140(2020年12月24日)